建築物総合管理事業

メンテナンスの基本とは、建物が建てられた当初の状態を維持すること。
株式会社トーショウビルサービスでは、常に最先端技術をもってメンテナンス業務を行っています。

メンテナンスのメリット

■お客様のイメージアップ
お客様の建物を清潔にするということは、来社されるお客様へのイメージアップや建物内にて業務を行う社員にとっても精神衛生の向上につながるというメリットがあります。

 

■建物・設備にかかるコスト削減
建物・設備の定期的なメンテナンスにより、経年劣化を抑え、建物の修繕や設備の修理等のサイクルを伸ばしコスト削減が出来ます。
ページのトップへ

環境衛生管理業務

環境衛生管理業務 環境衛生管理業務

■清掃管理業務
日常清掃・定期清掃・特殊清掃
■空気環境管理
空気環境測定・空気調和装置の清掃・空調用ダクト清掃
■給水管理
貯水槽清掃・水質検査・給水管管理
■排水管理
排水槽清掃・湧水槽清掃・粗集器清掃・排水管清掃
■害虫防除
ねずみ・こん虫等の防除
ページのトップへ

設備管理業務(運転保守業務)

設備管理業務(運転保守業務) 設備管理業務(運転保守業務)

■電気通信設備
受変電設備・屋内配線設備・照明設備・
非常用発電設備・電話設備・蓄電池設備
■空気調和設備
ボイラー・空気調和装置・冷凍機・冷却塔・
送風機・排風機
■給排水設備
貯水槽・給水管・排水槽・湧水槽・浄化槽・排水管
■消防用設備
警報設備・消火設備・避難設備
■昇降機設備
エレベーター・エスカレーター
ページのトップへ

マンション総合管理

■事務管理業務

マンション総合管理マンション総合管理

会計の収入及び支出の調定・出納・維持又は修繕に関する企画又は実施の調整・理事会支援業務・総会支援業務・その他(各種点検・検査等の報告・届出)
■緊急対応業務
共用設備等緊急対応業務・専有部分緊急対応業務・災害、事故等緊急対応
■管理員業務
受付等の業務・点検業務・立合業務・報告連絡業務
■清掃業務
日常清掃・定期清掃・特殊清掃
■建物、設備管理業務
建物、設備法定定期検査・電気設備・エレベーター設備・給水設備(簡易専用水道・専用水道)・排水設備・消防用設備等・機械式駐車場・自動ドア・避雷設備
■その他の業務
警備業務・除雪排雪業務・植栽管理業務
ページのトップへ

浄化槽保守点検業務

浄化槽の正常な機能を維持するために、次の事項等を点検することとされています。

  • ●浄化槽の使用状況。 
  • ●流入管や放流管と浄化槽本体との
      接続状況。
  • ●槽内の装置、附属機器類の設置状況。
  • ●浄化槽の水平保持。
  • ●流入管における汚水の流れ方。
  • ●汚泥等の堆積や機器類の桔梗の状況。

浄化槽保守点検業務

浄化槽の正常な機能を維持するために、浄化槽内の装置や機器類の調整を行うとともに汚泥の堆積状況による清掃の時期の判断を行います。
保守点検を行うためには、浄化槽関係法規で技術上の基準が定められており、浄化槽に関する知識及び技術が必要です。
一般的に知事の登録を受けた保守点検業者へ委託することとなります。
保守点検の年間回数は次の表のとおりですので、計画的に実施してください。

(通常の使用状態において最低限必要な点検回数です。)

(1)単独処理浄化槽の保守点検回数
処理方式 浄化槽の種類 期 間
全ばっ気方式 1.処理対象人員が20人以下の浄化槽 3月
2.処理対象人員が21人以上300人以下の浄化槽 2月
3.処理対象人員が301人以上の浄化槽 1月
分離接触ばっ気方式
分離ばっ気方式
又は単純ばっ気方式
1.処理対象人員が20人以下の浄化槽
2.処理対象人員が21人以上300人以下の浄化槽
3.処理対象人員が301人以上の浄化槽
散水ろ床方式
平面酸化床方式又は地下砂ろ過方式
条件なし 6月
(2)合併処理浄化槽の保守点検回数
処理方式 浄化槽の種類 期 間
分離接触ばっ気方式
嫌気ろ床接触ばっ気方式
脱窒ろ床接触ばっ気方式
1.処理対象人員が20人以下の浄化槽 4月
2.処理対象人員が21人以上50人以下の浄化槽 3月
活性汚泥方式   1週
回転板接触方式
接触ばっ気方式
散水ろ床方式
1.砂ろ過装置、活性炭吸着装置又は凝集槽を有する浄化槽 1週
2.スクリーン及び流量調整タンク又は流量調整槽を有する浄化槽(1に掲げるものを除く) 2週
3.1及び2に掲げる浄化槽以外の浄化槽
3月

清掃
浄化槽は、汚水を処理する過程で浄化槽内に汚泥やスカムが発生します。これらが溜まり過ぎると、浄化槽の機能に支障をきたし悪臭の原因になることがあります。浄化槽の機能を十分発揮させるためには、浄化槽内に溜まった汚泥などを定期的に引き抜き、機器類の洗浄、清掃を行う必要があります。この作業を清掃といい、法律で清掃回数が定められています。清掃を行うためには、浄化槽関係法規で技術上の基準が定められており、浄化槽に関する知識及び技術を必要とし、専用の機器や引き抜いた汚泥等の処理、処分が必要です。市町長の許可を受けた清掃業者に委託することとなります。
浄化槽の清掃回数
処理方式 回数
全ばっ気方式 6ヶ月に1回以上
その他の方式 1年に1回以上
ページのトップへ

消防設備点検業務

消防設備点検業務

消防法では消防用設備等又は特殊消防用設備等の設置義務がある防火対象物の関係者に対し、その設置した消防用設備等又は特殊消防用設備等を定期的に点検し、その結果を消防機関へ報告することを義務づけています。
この義務に違反すると30万円以下の罰金又は留置の刑に罰せられます。
消防用設備等又は特殊消防用設備等を点検するには専門的な知識・技能を必要とします。
このため、防火対象物の規模や構造により人命危険度の高い防火対象物にあっては、
有資格者(消防設備士又は消防設備点検資格者)に点検を行わせることとされています。
当社は、有資格者(消防設備士又は消防設備点検資格者)において法令に基づく適正な点検を行い、その証として点検済票(ラベル)を消防用設備に添付できる「消防用設備点検済表示制度」の登録業者です。


有資格者に点検を行わせなければならない防火対象物は、次のとおりとなっております。

1 延べ面積1,000m²以上の特定防火対象物
2 延べ面積1,000m²以上の非特定防火対象物で消防長又は消防署長が指定したもの
3 特定用途に供される部分が避難階以下の階にある防火対象物で、当該避難階以外から避難階又は地下に直通する階段が2つ(屋外に設けられた避難上有効な構造を有する場合にあっては、1つ)以上設けられていないもの


上記以外の防火対象物は、防火管理者等でも点検することができますが、専門的な知識・技能を有する有資格者に点検させることが望ましいです。

点検は、6ヶ月ごと行う機器点検と、1年ごとに行う総合点検とに分かれて行います。
なお、特殊消防用設備等にあっては、設備等設置維持計画によります。

点検結果は、所定の様式に記入し、特定防火対象物にあっては1年に1回、その他の防火対象物にあっては3年に1回消防機関へ報告しなければなりません。

ページのトップへ

美掃業務

1.体育館床ウレタンコーティング作業

1.体育館床ウレタンコーティング作業
通常の樹脂ワックス作業の現場と違いウレタンコーティングはメンテナンス周期が長く取れると言う事で、施行しなくて良いと言う事ではありません。ある程度の年月が発てば、表面が劣化していきますのでメンテナンスが必要になります。そこで当社施行班にて診断させて頂ければ適切なアドバイスと良心的な価格、確実な施行をさせて頂きます。その後のメンテナンスの提案まで一生のお付き合いをさせて頂きます。

2.外壁・土間の除菌洗浄及び消臭作業

2.外壁・土間の除菌洗浄及び消臭作業
よく聞く言葉で、「臭い物には蓋をする」「匂いで臭いをごまかす」などと言う言葉がありますが、当社ではその臭いの元になるものの調査から始めさせて頂きお客様へその臭いがなぜ発生したのか、そしてどの様にしたら解消出来るのかまでのご提案をさせて頂きます。臭いの元を絶てば上記の様な言葉はなくなるかな・・

3.間仕切り養生

3.間仕切り養生
建築現場などにて一部改修工事・簡易的な間仕切り養生など既存の建材に直接ビス・くぎ等で止めなくても良い施行になりますので既存建材の破損などが多少ですむなどのメリットがあります。

4.アルミなどの補修

4.アルミなどの補修
建築現場にて多いと思われる、アルミサッシのキズ・へこみ等、樹脂サッシのキズへこみ・破損等、木枠・木床のキズ・へこみ等が発生した場合貼り替え・交換しなくとも、補修で対応出来るものも多くあります。本来は、取替が一番良い方法ですが取替に必要な費用はその部材以外にも多く掛かるかと思います。そこで当社の出番です。一度ご相談下さい。

5.竣工清掃

5.竣工清掃
建物は、お客様の財産です。その財産をお守りするため、建築中に什器・備品を養生し、また新築住宅から大型店舗・ビルなどのお引渡しの清掃を行なっています。

6.害虫駆除

6.害虫駆除
ゴキブリ、シロアリなどの害虫を駆除します。
当社では、建築物における防除の事業登録をしておりかつ厚生大臣の指定する講習の課程を終了した資格者が作業に従事しています。
各種害虫に適応した方法及び殺虫剤を使用し、駆除いたします。
ページのトップへ